Japan National Orchestra

News

2021.10/21

反田恭平がショパンコンクールで第2位入賞

1927年より5年毎に開催されている第18回ショパン国際ピアノ・コンクールにて、JNOプロデューサー/ピアニストの反田恭平が第2位に入賞しました。これまでの日本人の最高位である1970年の内田光子さんの2位入賞に並び、51年ぶりとなります。

2020年に開催予定だった第18回コンクールは、新型コロナウイルス感染症の影響により1年延期、本年7月に予備予選が行われ、予備予選免除者あわせて87名が10月3日(日)からの第1次予選に出場。9日(土)からの第2次予選には45名が通過、14日(木)からの第3次予選には23名が進みました。

参加者の中には国際的に演奏活動を行っているピアニストも多く、ハイレベルなステージが繰り広げられた中、18日(月)からは12名が本選へと進出。本選ではアンドレイ・ボレイコ指揮/ワルシャワ・フィルハーモニー管弦楽団と共演、反田はピアノ協奏曲第1番を演奏し、ピアノパートの最後の一音が終わると、オーケストラが曲を終えるよりも先に会場中からスタンディングオベーションの拍手喝采を受け、見事2位入賞を果たしました。

なお、当コンクールはライブ配信も行われ、世界中の音楽ファンが視聴。14名の日本人が出場したことから国内でも大きな反響を呼びました。

■ショパン国際ピアノ・コンクール
ポーランドで1927年に第1回コンクールが開催され、以降5年毎に開催、今回で第18回を数える。チャイコフスキー国際コンクール(ロシア)、エリザベート王妃国際音楽コンクール(ベルギー)とともに世界三大コンクールと称されており、歴代の入賞者には世界の名だたる音楽家が名を連ねている。
1955年の第5回大会で田中希代子が日本人として初めて10位に入賞。以降中村紘子(第7回)、内田光子(第8回)、今回審査員を務める海老彰子(第10回)など、多くの日本人が入賞を果たしている。

コンクールは1次予選からファイナルまですべて無料でライブ配信およびアーカイブ配信され、コンクールの様子だけでなく参加者へのインタビューなど、見応えのある内容となっている。

第18回コンクール 結果
第1位:Bruce(Xiaoyu) Liu
第2位:反田恭平, Alexander Gadjiev
第3位:Martin Garcia Garcia
第4位:小林愛実, Jakub Kuszlik
第5位:Leonora Armellini
第6位:J J Jun Li Bui

第18回コンクール 審査員
Dmitri Alexeev/Sa Chen/Dang Thai Son/Akiko Ebi/Philippe Giusiano
Nelson Goerner/Adam Harasiewicz/Krzysztof Jabłoński/Kevin Kenner
Arthur Moreira Lima/Janusz Olejniczak/Piotr Paleczny/Ewa Pobłocka
Katarzyna Popowa-Zydroń/John Rink/Wojciech Świtała/Dina Yoffe